カッティングステッカーの応用1:マスキングとステンシル

今回も、1年ほど前から書こう書こうと思いながら引き伸ばしてきたお話。計画というのはなかなか思うようには進みませんねぇ(´・ω・`)

ここは怪しい刃物だらけのおうち。中でもカッティングマシンが大好きで、このブログでも何度かマシン愛を叫んでいるわけですが、その活用例なぞをいくつかにわけてご紹介しようと思っておりました。

とにかく1台あればかなりいろんなことができるので、導入を考えている方の参考となればうれしいなぁ。

シートをマスキングとして使うよ!

一般的な「カッティングステッカー」の作成風景は、以前こちらでご紹介しました↓

「メルカリ」で、アウトレット(モナーの絵柄を変えたため)のモナコイン柄カッティングステッカーやシールをこっそり販売していたのですが、先日全て...

ウィンドウステッカーやイベントパネル、立て看板など、お店だったら大活躍ですし、ボード類や車のステッカー、大きなマシンがあれば、いわゆる痛車などもできます。

これらはステッカーそのものをシールとして利用するものですが、今回は、ステッカーをマスキング・ステンシルとして使う方法をご紹介しますね!

「カッティングシート(R)」は、実は中川ケミカルの登録商標。本来は他社のシートをこうよぶことはできないので、粘着塩ビシート、装飾フィルム、カッティングフィルム、マーキングフィルム…などになります。でもなによりも定着した呼び名なので、注意書きの上で名称を使っている業者さまも多く、お店では「カッティングシートください!」が一番通じます…

剥かないでアプリケーションシートを貼るよ!

今回、撮影に一般シートを使いましたが、塗装にはマスキングシートという、低粘着で極薄の専用シートがあります。下地素材によっては、通常の粘着シートだと、剥がす時に素材が一緒にはがれてしまうことがあるので、こちらをおすすめしておきます。

塗装やサンドブラストに対応 マスキングシート (30cm×1m切売)SM-WC

ステッカーとして使う場合、マシンカット後、不要な部分を剥いて(カス取り)から、低粘着のアプリケーションシートを貼りますが…

マスキングとして使う場合は、剥く前に全面に貼ってしまいます!

これを対象物に貼りつけて、しっかりこすったら、細かいパーツがついてこないようにアプリケーションシートだけを丁寧にゆっくりはがします。

マスキング・ステンシルは木目や布など凹凸があり、吸水性のあるものには、塗料が隙間から滲んで、境界がボケてしまうことがあります。

はじめはアクリル、プラスチック、革、また、木ならコーティングされたものや、化粧板などがおすすめです

塗るところだけ剥くよ!

まわりを塗装用のマスキングテープなどで保護したら、(めんどくさいので 今回は塗り分けしないんですけど)塗る部分だけを剥きながら塗装していきます。

剥がした部分が塗装されます。ステッカーとして使う場合とは逆のパーツを剥がすので、間違えないようにしてくださいね。

エアブラシを使うときれいにできるんですが(ひっぱり出すのがめんどくさいので)今回はペタペタと筆で塗装していきます。塗料はベース素材によりますが、今回は濃いめに溶いたアクリル絵の具を使いました。

筆でなく、ステンシル用のスポンジペンなどを使うと筆跡も残らずにじみなども少なく、成功率アップ。たぶん。

は、は、は、はがすよ!(*´Д`)ハァハァ

塗料がしっかりかわいたら、シートを剥がしていきますよ。しゅるりしゅるり〜

この時のために生きている、というほど気持ちよい瞬間 (*´Д`)ハァハァ さあ、幸せが足りなければ今すぐカッティングマシンを買おう!笑

はい、完成ーーー<(`・ω・´)

え?完成品が塗った色と違う?

そうだね
一度目失敗だねッ(# ゚Д゚)

撮影しながらって大変だもんねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

応用:ボディーアートもできるのだ!!!

ステンシルは、特に革製品への名入れ・イラスト入れなんかにおすすめ!市販のグッズでオリジナルができちゃう。

さすがに量産するには非効率ですが、わたしはお名前キーホルダーなど、1度きりのオーダー時に大活躍しています。

そして…「革」にピッタリということは…そう!

インスタントタトゥーができるのだ!

ということは!

タトゥーキャラのコスプレとかもできるのだ!

タトゥー用の絵の具や、エアブラシメイク用のカラーリキッドはたくさん販売されていますし、こんなラメもいろんな色が揃います。

近年大人気のウェディングやパーティ向けのボディメイクも、同じような方法で施されているんです。まさにボディのアート!

そして、こういうの、こどもも大!好き。やってると集まってきてワラワラ並びます(*´ω`*)

↑日にちがたったのでとれかけていますが、夏の悪そう〜な子どもたち完成(*´∀`*) 足首にも入っていますよ〜!(プールや温泉のないときに…そして必ずパッチテストしてね)

これ、夏にエアブラシが得意な友人と、出張イベントビジネスのコラボをやるはずだったのですが、いつも通り連絡が途絶えたので、アイデアをブログ公開します(# ゚Д゚)

ステンシルシートとエアブラシ(と電源)だけでできる、イベントワンポイントタトゥー(仮想通貨マークもいれられる!)なかなかいいと思うんだけどなぁ。開業キットの販売でもしようかなぁ…( ;∀;)

この投稿が役に立ったりおもしろかったら、仮想通貨の投げ銭で応援してね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする